TIAA
コンクール情報 オーディション情報 海外音楽留学 コンサート案内 演奏会企画 演奏家派遣 オンラインショップ 会員
ホーム > マスタークラス > 海外音楽大学・教授紹介 > ロシア国立モスクワ音楽院紹介

ロシア国立モスクワ音楽院

大学紹介

 1866年、ニコライ・ルービンシュタイン(1862年にサンクト・ペテルブルク音楽院を創設したアントン・ルービンシュタインの兄)によって創立のされたロシア国立モスクワ音楽院は、パリ音楽院、ジュリアード音楽院と並ぶ世界3大音楽院のひとつで、ロシア国内の音楽教育機関としては最高の権威を持っています。
 1878年にはチャイコフスキーが作曲科教授を務め、1940年チャイコフスキー生誕100周年を記念してチャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院という 正式名称となりました。留学生も年々増加、オフシーズンでも公開レッスンやシンポジウム、リハーサルやコンクールなど、音楽に関するイベントが盛んに行われており、熱気に溢れています。
 アレクサンドル・コブリン、ヤコフ・カチュネルソン、オルガ・ケルン、パヴェル・ギントフ等のピアニストをはじめ、ドミトリ・コゥリャンスキ、アレクセイ・シオウマク、セルゲイ・ネフスキー、ニコライ・クルスト、オルガ・アルシナ等、優秀な作曲家がこの音楽院から次々と輩出されました。多くの作曲家が客員教授として招かれ、非常に高い音楽教育レベルを誇っています。

 

教授紹介はこちらです。

このページのトップへ

フォトギャラリー

モスクワ音楽院
モスクワ音楽院
モスクワ音楽院の隣の楽譜屋
楽器も売っている
モスクワ音楽院正面
モスクワ音楽院
モスクワ音楽院
演奏会風景
レッスン風景
モスクワ音楽院
モスクワ音楽院前の教会

このページのトップへ

事業活動サイトご利用にあたって
© TIAA. All Rights Reserved.