東京国際芸術協会 Top

東京国際声楽コンクール

  • 第9回東京国際声楽コンクール

ごあいさつ

 第9回を迎えることができますことを関係者ならびに参加者のみなさまにお礼申しあげます。

 回を追うごとにレベル向上がみられ、充実した内容へと進化してまいりました。参加者の皆様や先生方から多くのご意見をいただき、本コンクールの基本理念のもと、受験者にとってプラスになるよう今後もつとめてまいります。

 参加者のみなさまが声楽という一つの芸術を追求することにより、目的意識と向上心を持ち、そしてなにより自分の可能性を信じて夢に邁進することを育んでいきたいと考えております。そのため、このコンクールでは声楽界で真に権威のある、信頼を集める審査員の先生がたに審査いただきます。開催にあたり、関係各所のみなさまに多くのご協力をいただきましたこと、心より御礼申し上げます。

  本コンクールへ参加される皆様のご健闘、ご活躍を心より応援しております。

一般社団法人 東京国際芸術協会

コンクール開催によせて

 東京国際声楽コンクールもお陰様で今年第9回を迎える事となりました。過去8回のコンクールを通して地区大会から本選まで、全国の音楽高校、音楽大学の先生方並びにコンクール開催にご協力下さいますスポンサー各位、又、開催ホールの多大なる御援助を賜り、各部門での優秀な人材を声楽界に送り出す事ができました。偏に皆様の御協力の賜物と改めて感謝申し上げます。

 本コンクールは日本のみならず世界の声楽界に優秀な人材を送り出す事を目標に設立され、過去8年に渡り活動して参りましたが、着実にその目標を実現しつつあります。殊に、審査に於きましては厳正且つ公平を旨とし各部門より非常に優秀な人材を世に送り出して来たと自負致しております。本年もこの基本理念に基き、各部門より将来の声楽界を担う素晴らしい人材を発掘出来ます事を期待しております。

審査委員長・川上洋司

 このコンクールはプロやプロを目指す人にとどまらず、高校生からアマチュア歌手までを網羅して声楽の様々な方向性・目的・レベルを持つ方々の腕試しを目指した《声楽芸術の総合コンクール》です。

 入賞者表彰の他にも公演出演、国内講習会や留学援助などの副賞プログラムが用意されており、入選・入賞者には費用減免・免除の特典を設定しています。事前の勉強、本番の反省、講評による学習、同志との出会い、今後の活動への契機など、当コンクールが皆さんにとって豊かな収穫になる事を、心から期待しています。 

事務局長・田辺とおる

本コンクールの主な特徴

  1. 【部門】高校生/大学生/新進声楽家/一般声楽家/声楽愛好者ユース・A・B/オペレッタ/ミュージカル/歌曲/重唱/高校生アンサンブル/アンサンブル 合計13部門
  2. 【課題曲】地区大会・准本選ともに自由曲1曲のみ
  3. 【開催地】地区大会:全国22都道府県28会場、准本選:東京/兵庫、本選:東京
  4. 【賞】最高賞金30万円。参加者全員に演奏会出演・観覧招待・講習会・留学等を斡旋
  5. 【地区大会最優秀賞】准本選参加費を免除(一部の部門のみ)。
  6. 【准本選金賞】本選参加費を免除(一部の部門のみ)。
  7. 【地区大会免除】過去の通過者が同部門で受験する場合は免除(部門規定あり)。
  8. 【地区大会再受験】非通過者は再受験できる(受験料半額)。
  9. 【公式伴奏者】声楽伴奏の経験豊かな公式伴奏者を置く(一部地区大会・准本選・本選)。
  10. 【曲目重複】地区大会演奏曲を准本選か本選で再演できる。
  11. 【演奏言語】原語が原則だがオペレッタ/ミュージカル部門は邦訳可。
  12. 【制限時間】作品の趣旨を尊重し柔軟に対応する。

(詳細規定は各項目欄を参照の事)

共催

協力

協賛

後援

北海道/岩手県/山形県/埼玉県/長野県/兵庫県/岡山県/札幌市/広島市/高松市/福岡市
東京新聞新潟日報社静岡新聞社・静岡放送中日新聞社神戸新聞社山陰中央新報社熊本日日新聞社沖縄タイムス社
北海道二期会名古屋二期会中国二期会
【下記各自治体教育委員会】岩手県/宮城県/山形県/埼玉県/岡山県/島根県/香川県/ 仙台市/松本市/浜松市/広島市/福岡市/熊本市

ページの先頭に戻る