東京国際ピアノコンクール

8th
ネット申込

課題曲Repertoires

自由曲は全てバロック期から近現代期(1945年まで)の曲とします。ただしキッズ~小学生高学年部門は除きます。

予選

キッズ部門 3分以内の自由曲1曲
小学生低学年部門 3分以内の自由曲1曲
小学生中学年部門 ツェルニー30番・40番から任意の1曲
小学生高学年部門 ツェルニー30番・40番から任意の1曲
中学生部門 ツェルニー40番・50番、クラーマー=ビューロー、モシュコフスキーの練習曲より任意の1曲
高校生部門 ショパンの練習曲より任意の1曲
大学生部門 ショパン、リスト、ラフマニノフの練習曲より任意の1曲
一般部門 ショパン、リスト、ラフマニノフの練習曲より任意の1曲
F・A・G部門 6分以内の自由曲1曲

准本選・本選

部門 准本選 本選
キッズ部門 3分以内の自由曲1曲 3分以内の自由曲1曲
小学生低学年部門 5分以内の自由曲1曲 6分以内の自由曲1曲
小学生中学年部門 6分以内の自由曲1曲 8分以内の自由曲1曲
小学生高学年部門 6分以内の自由曲1曲 8分以内の自由曲1曲
中学生部門 8分以内の自由曲1曲 10分以内の自由曲1曲
高校生部門 15分以内の自由曲1曲 15分以内の自由曲1曲
大学生部門 15分以内の自由曲1曲 15分以内の自由曲1曲
一般部門 15分以内の自由曲1曲 15分以内の自由曲1曲
F・A・G部門 10分以内の自由曲1曲 10分以内の自由曲1曲

注意事項:申込みにあたり必ずご一読下さい

  1. 准本選と本選では必ず予選と別の曲を演奏してください。異なる楽章での演奏は認められますが、楽章の追加など演奏部分が重複するものは認められません。准本選と本選とは同じ曲でも可とします。
  2. 作曲者名、曲名は正しく記入してください。楽章のカット、組曲からの抜粋、平易な部分の省略は認められますが、申込み時に演奏する楽章(箇所)を必ず明記してください。
  3. 全ての審査において、繰り返しの有無は審査に影響ありません。
  4. 申込みの時点で規定分数に収まる曲をご提出ください。出入りの時間は演奏分数に含まれません。
  5. 参加者多数の場合、予選・准本選では演奏途中カットのベルがなることがありますが、審査得点に影響しません。その場合、提出された曲目の全てを演奏できるとは限りません。また曲の演奏順序は申込み時の順とします。
  6. 次の場合、失格・審議の対象となります。
    1.准本選または本選と予選で同一の曲の演奏
    2.作曲者名・曲目の相違
    3.規定時間超過
    4.楽章等演奏箇所指定の欠落
    5.曲順の相違
    6.申込み時に申告をせず当日演奏箇所を指定
  7. 課題曲の出典・エディションは、強制ではありませんが下記を推奨します。
    ツェルニー、クラーマー=ビューロー、モシュコフスキー:全音楽譜出版社
    リスト:春秋社、ペータース社、全音楽譜出版社
    ショパン:パデレフスキ版
    ラフマニノフ:全音楽譜出版社、ヘンレ版、ブージー&ホークス社
  8. 過去に本コンクール本選で1位を受賞された方は同じ部門での再度参加はできません。
  9. 上記注意が守られていない場合、入賞後でも失格となります。