【インタビュー】2022年10月15日(土)河津藍衣ピアノリサイタル

【インタビュー】2022年10月15日(土)河津藍衣ピアノリサイタル

2022年10月15日(土)に東京・日暮里サニーホールコンサートサロンで河津藍衣ピアノリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて河津藍衣さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

インタビュー

今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

今回このような演奏会の機会を頂き、大変嬉しく思います。まずは東京国際芸術協会様に感謝申し上げます。私は少し前まで伴奏やアンサンブルを中心に活動してきたのですが、ソロとしても活動していきたいと強く思うようになり、活動を開始していました。ソロリサイタルもはじめての開催となり、とてもワクワクしています。アンサンブルとソロの違いは、映画と小説の違いに似ているなと思います。複数の人間が関わりあって生まれる作品と、完全に一人の人間の意志によって生み出される作品との違いです。どちらのほうが良いとかはなく、それぞれに、それぞれにしかない魅力があると思います。今回私はソロとして、自分の世界を描いてみたいと思います。

演奏する曲の聴き所などを教えてください。

今回のプログラムは二人の作曲家による「バラード」を主軸に据えました。「バラード」とはショパンが開拓した「ピアノによる物語詩」という新ジャンルの音楽で、ショパンのバラードも、リストのバラードも、とても物語性の強い楽曲です。また、ベートーヴェンのピアノソナタ14番「月光」も、当時身分違いで悩んでいた恋人の伯爵令嬢に献呈されており、(本当は他の楽曲を彼女に献呈しようとしていた、等の諸説はありますが)いずれにしても、叶わぬ恋への想いに溢れた曲だと私は思っています。そこにも物語を感じます。聴きながら、これらの物語を感じて頂けたらと思います。

あなたにとって音楽とは何ですか。

身体の一部で、常にともに在るもの、でありたいです。

演奏会情報

2022年10月15日(土)河津藍衣ピアノリサイタル
会場:東京・日暮里サニーホールコンサートサロン
時間:11:30開演(11:00開場)
料金: 全席自由 2,500円

出演者

河津藍衣
Ai Kawazu ピアノ

桐朋学園大学ピアノ科卒業。第14回ベーテン音楽コンクール全国大会第1位、第17回アジア国際音楽コンクール第1位、第7回東京国際ピアノコンクール第2位(最高位)、第30回日本クラシック音楽コンクール全国大会第5位(1位なし)、第18回パドヴァ国際音楽コンクール ヴィルトゥオーゾ部門第2位(イタリア)、ディヒラーコンクール第1位(オーストリア・ウィーン)、などをこれまでに受賞。コンクールの副賞として、学費全額免除にてウィーン国立音楽大学のマスタークラスを修了しディプロマを取得。マスタークラス開催のコンクールにて第1位を受賞し入賞者披露演奏会に出演する。ウィーン近郊・ミュンヘンドルフの教会にてコンサートに出演する。及川音楽事務所所属。

曲目

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 「月光」 Op.27-2 嬰ハ短調

ショパン:バラード 第4番 Op.52 ヘ短調

リスト:バラード 第2番 S.171 R.16 ロ短調